保育理念/目標

 

保育理念

日々の丁寧な関りによって健全な生活習慣の形成と個性の開花を促し、自分らしく元気な姿でより良い人間関係を自ら求め、行動できる子どもを育てる。

保育の特徴:保育の5領域(健康、環境、表現、言葉、人間関係)に関する発育を「総合的かつ段階的」に促し、教育の4育(食育、体育、知育、徳育)を保育の指標とすることで、年長クラスではSDGsの「人と環境が関わり合うイメージ」を持てるよう促します。

卒園時には、より良い人間関係の先に私たちが目指す「理想の未来」があることをイメージし、自ら考え、行動できる子どもを目指します。

卒園時に目指す子どもの姿

1、環境保全、人権保護に関する課題を自分の言葉で説明することができる
2、上記の課題を解決するためにリーダーシップをとることができる

保育の5領域(人間関係、環境、表現、言葉、健康)教育の4育(徳育、知育、体育、食育)+睡眠教育、ESD

私たちは日々の保育を振り返り、常に目的に向かう「正しい努力」を続けることで、一人ひとりの才能を開花させるとともに、卒園時には「環境と人が関りあうイメージ」を子ども達に与え、国際的に活躍可能な「リーダーシップの芽生え」を促します。