保育理念/目標

 

保育理念

日々の丁寧な関りによって健全な生活習慣の形成を促し、明るく前向きな姿勢を保つとともに、自分らしく元気な姿でより良い人間関係を自ら求め、将来国際社会で活躍できる子どもを育てる。

 当社の保育の特徴は、教育の4育を保育の指標とし、保育の5領域に関する発育を「総合的かつ段階的」に促すことです。また、幼児期早期から子どもたちにSDGsの環境保全や人権保護の論点を提示することで、社会に対する「様々な人と環境が関わり合うイメージ」が持てるよう促します。

 卒園時には、お互いの個性の尊重や、明るく前向きな姿勢が「より良い人間関係や理想の未来」につながることを理解し、クラスのために自ら考え、毎日を楽しく過ごせる子どもを目指しています。

卒園時に目指す子どもの姿

1、お互いの成長の先に「より良い人間関係」があることを理解し、毎日を自分らしく、自信を持って過ごすことができる。
2、環境保全や人権保護に関する課題をイメージし、解決のための考え方や行動を自分らしい言葉で伝えることができる。

保育の5領域(人間関係、環境、表現、言葉、健康)教育の4育(徳育、知育、体育、食育)+睡眠教育、ESD

私たちは、社会で最も貴重なリーダーシップ能力の芽生えを促すために、乳幼児期から世界の環境や人権問題に関するSDGsの論点を子どもたちに提示し、国際的な自分らしさの土台が自然に身につく環境を目指しています。卒園時には社会の「様々な人と環境が関りあうイメージ」を獲得し、将来国際人として活躍するための基礎力を養います。