アルタのしせい

教育者は子どもに望む姿勢を自らが持たなければなりません。

 

私たちは子どもたちのお手本となるために「自分への誠実さ」、
「当事者意識と自律心」、そして「進取の精神」を姿勢目標の根本理念にしています。

 

自分への誠実さは「限りある人生に自ら意味と楽しみを見出し、より良く生きようとする姿勢」、
当事者意識と自律心は「保育理念の実現に向けて自律的に貢献する姿勢」、
進取の精神は「困難な課題に自ら進んで取り組む姿勢」です。

 

私たちは園内の安心安全を確保し、一人ひとりが規律を遵守して密に連携を取り合い、各々の得意分野を深化しつつ、
全員が困難な課題に進んで取り組むことで、現代の保育事業者に求められる使命を「成長の楽しみとともに」果たします。

アルタのしせいアルタのしせい

自分への誠実さ
自分への誠実さ

自分の幸せに責任を持ち、
子どもたちと毎日をより良く生きる姿勢

Well-beingを人に教えることができる人は、自分を大切にし、自分に誠実で「自分の幸せや楽しみに責任を持っている人」です。私たちは子どもたちの「明るい心」と向き合うために、私たち自身の純粋で無垢な心を大切にし、関わる人々の抜苦与楽を成すことが、私たち自身が人生に前向きに、微笑みを持って過ごす土台となると考えています。子どもたちが長い人生を楽しめるよう、私たち自身が日々に楽しみを見出し、毎日をあるべき姿で過ごせるよう、人としての価値観を大切にしています。

当事者意識と自律心
当事者意識と自律心

保育理念の実現に向けて、
自律的に貢献する姿勢

私たちの立場と役割は、児童福祉従事者にふさわしい当事者意識と自律心を持ち、地域の児童の健全育成を実現することです。私たちは無意識に行われるやり取りから、抽象的で行動な論理思考までをも意識して協議し、より良い保育をチームで志向し続けます。保育園は子どもたちにとって一番初めに出会う社会。子どもたちに私たち大人が目標を持って「輝き、成長する姿」を見せられるよう、高い当事者意識を持って日々の業務に取り組んでいます。

進取の精神
進取の精神

困難な課題への解決に向けて、
勇気を持って挑戦する姿勢

我が国の保育行政予算や制度設計は、先進諸国と比べ、決して有利であるとは言えず、また当社は新参の企業です。しかし、認可をいただいた保育事業者として、どのような困難な状況においても限界を決めず、子どもたちのより良い成長のために課題を解決し続ける必要があります。私たちは常に今できる最良の工夫をもって地域により最善の保育を提供できるよう、そして子ども達が将来十分に活躍できるよう、常に勇気を持って挑戦し続けます。

世界における日本の教育予算

日本の公財政支出の対GDP比は、先進国でワースト1位という現実があります。我が国が超高齢社会を維持する中で、教育関係者はこれまでよりも高い使命感を持って子どもたちと向き合う必要があります。

全教育機関に対する公財政支出の対GDP比全教育機関に対する公財政支出の対GDP比

 保育行政予算も教育予算と同様に少なく、都市部では必ず必要な保育所を設けるために、政府はその膨大な初期費用の負担を、事業者による支出とともに乗り切ってきました。しかし、自民党が推進したこのような規制緩和の中で、その制度設計自体を真っ向から批判する共産党による議論等が行われ、子ども達に必要な保育への付加価値を誰がどのように生産するのかといった重要な論点が盲点となり、結果的に保育の価格ダンピングが行われている状況になりつつあります。私たちには、このような状況に果敢に立ち向かうことが求められています。