アルタのねがい

私たちが成長を続けるためには、
児童福祉従事者として、全員が当社の「人間磨きの文化」に共鳴し、お互いの立場を理解し合いながら、
目的に向かう「正しい努力」を続けることが必要です。

全社員が周囲の人々への感謝の念に基づく「人間磨きの文化」でつながり、
保育に関する「知識と技術の向上」を続けること。

このような流れを通じて、当社に関わる全ての人が「人生の美しさ」を感じること、それが「アルタのねがい」です。

アルタのねがい

人間磨きの文化
人間磨きの文化

お世話になった人への「恩返しのこころ」を、
日々の職責と連動する姿勢

自分という存在は、一人で形作ったものではありません。私たちは日本という豊かな国に生まれ、幼少期から家族や先生、そして地域の方々に大切に育てられ、人として生きるための素養をいただいてきました。このような恵まれた環境を正しく認識し、お世話になった親族、恩師、そして現在の上司といった、身近な人たちへの感謝の気持ちを持ち続けることが、「自分を磨く姿勢を堅持する」ために、とても重要です。そして、このような感謝の気持ちを日々の職責を連動することで、業務時間がより良い自分に向かう「人間磨きの時間」に変わります。これが社会への感謝の気持ちからなる、当社の「人間磨きの文化」です。

正しい努力
正しい努力

より良い目標設定と、それに向かう
「正しい努力」を続けること

自分を磨く意思を持ち、「正しい努力」を続けることは、社会への恩返しにつながります。私たちは、すべての子どもに「満ち足りた時間」を提供するために、日々、子どもの発育・発達に合わせた保育目標を設定し、「正しい保育内容を検証し続けること」で社会に貢献していきます。より良い仕事を行う最短のルートが「正しい努力」の検証であり、私たちはこの論点を常に意識することで、自らの個性を活かした貢献を実現し、職責を全ういたします。全社員が明確に共有すべき命題、それは「正しい努力」を続けることなのです。

知識と技術の向上
知識と技術の向上

正しい努力の積み重ねが
「知識と技術の向上」へつながることへの理解

私たちは「人間磨きの文化」を土台に、「正しい努力」を続けることで、自分らしい「知識と技術の向上」が起こることを経験し、児童の健全育成を通じて「人生の美しさ」を感じることを願っています。このように能力の向上とは、人間性の向上や、ひたむきな努力に先行するものではないことを理解し、社会人として周囲の方々への感謝の気持ちを胸に、正しい努力を積み重ねることこそ、私たちが「素晴らしい人生を送るための唯一の道」であることを深く理解し、お互いの健闘を称えあいながら勤務しています。