保育内容/最新研究

乳幼児期早期からの「睡眠習慣教育」

我が国の短睡眠傾向は世界的に顕著であると言われています。乳幼児期は脳や脊髄の約9割が発育する大事な時期。私たちは、子どもたちの健康な育ちのために、乳幼児期からの健康的な睡眠習慣を重視しています。

はやねちゃんはその髪型が夜の9時を示しています。幼児に必要な夜間の睡眠時間は最低でも9時間半。朝6時半に起きるとすると、夜は9時には就寝していなくてはなりません。6歳までに神経系の約9割の発育がなされるため、生涯にわたって大切な心や身体の基礎を作るために、私たちは早寝・早起き・朝ごはんの必要性を訴え続けています。

OECD加盟国各国における平均的な睡眠時間OECD加盟国各国における平均的な睡眠時間

乳幼児期早期からの「食育」

生涯に亘って健康的な生活を送るためには、乳幼児期から健康的な食習慣を定着させる必要があります。私たちは、子どもたちが自ら健康的な食習慣を持てるよう、より良い食べ物かどうかを取捨選択する能力を育てています。

園内での食育や園外での食育体験等を毎月行い、野菜や果物の名前を手で触れて覚え、食べることで楽しんでいます。また、おかしはどのようなものが身体に悪く、食べ過ぎてはいけないなど、子どもが日常で接する食べものに対する知識を楽しく得られるよう工夫しています。

「アクティブ・ラーニング環境」の設定

子どもたちにとって大事なのは、自律的に目標を設定し、当事者意識を持って学ぶこと。私たちは子どもたちの純粋さを大切にし、知的好奇心をいかに保育に応用できるかを考え続けています。

レッジョ・エミリアアプローチ等の発想を活用し、保育環境を設定することは、子どもたちにとって発達の最近接領域に働きかけられることであり、もっとも夢中になれ、園生活を楽しめる時間です。私たちはアルタのしくみを活かし、保育理念の実現に向けて、常により良い保育環境を設定できるよう努めています。